• トップページ
  • 会社情報
  • セミナー情報
  • お問い合わせ

研修例・実績

営業職研修
こんな悩みにオススメ
  • 営業成績が上がらない。
  • 人によって売り上げの格差が激しい。
  • 新規開拓がうまくできない。
  • お客さまとのコミュニケーションがうまくとれない。
  • 組織として営業スキルが体系化できていないため、トップセールスが離職すると、売り上げが下がる。
  • モノが売れない時代に有効な営業スタイルを確立したい。
  • 営業スタイルが固定化されていて、変化を受け入れられない。

実施事例

大手製薬会社

課題

営業力の向上/地域に根付いた新しい営業スタイルの確立
「提案営業」ではなく「販売営業」という、断られることを前提とした営業スタイルの中で、新しい切り口の営業スタイルやスキルを体得したい。

実施プログラム 営業職研修
受講者 新入社員~ベテラン販売員(30名)
研修時間 6時間×4回+1カ月後に振り返り研修
研修の特徴 一人で訪問する販売員にとって、自分自身のセールス手法、セールスプロセスを客観的に見つめ直すことは難しい。そこで、自己開示と他者からのフィードバックを繰り返すプログラムを多く取り入れ、課題を明確にした上で修正していく流れで実施。
実施内容
実施内容フロー図
成果

セールスにおける個々の課題に自覚的になり、お客さまの心理を読み解き、お客さま一人ひとりに合わせたセールスを行うことができるようになった。また、論理的に体系立てることで、個々営業スキルの向上だけでなく、販売店全体のスキルも向上した。

受講者の声(アンケートより)
  • 自分自身がどう見られているのか、お客さまの心理と視線を気にすることでだいぶ見え方が変わった。
  • 営業をしなくてはいけないという凝り固まった考え方から、自然体に雑談力を高めていくことを身体で身につけることができた。
  • PRPによって、自分自身に足りない営業スキルだけでなく、事業所として何か足りないのか、営業戦もよくみえてきた。
  • 自分がかなり常識にとらわれたマニュアル営業をやっていたと感じた。これからの時代に必要な営業を見直さなければいけないと意識が変わった。
ページトップ