株式会社オフィス・サンタ

講師

ドラマメトリクスは、当社の厳しい基準をクリアした、知識とノウハウを兼ね備えた者のみが行います。当社では、研修の講師(進行役)を「ファシリテーター」、インタラクティブドラマやPRPを行う俳優を「ロールプレイヤー」と呼んでいます。

監修

ドラマメトリクスは、演出家・平田オリザ氏監修の演劇ワークショップを軸に、CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)のスキルを取り入れてデザインされたビジネス研修です。

平田写真

平田オリザ

青年団主催/劇作家・演出家

演劇はもとより教育、言語、文芸などあらゆる分野の批評、随筆などを各誌に執筆。近年は、公演やワークショップを通じて、フランスをはじめ韓国、オーストラリア、アメリカ、カナダ、アイルランド、マレーシア、タイ、インドネシア、中国など海外との交流も深まっている。また、2002年度から採用された国語教科書に掲載されている平田のワークショップ方法論により、年間で30万人以上の子供たちが、教室で演劇をつくるようになっている。他にも障がい者とのワークショップ、地元の駒場ほか、各自治体やNPOと連携した総合的な演劇教育プログラムの開発など、多角的な演劇教育活動を展開している。

ファシリテーター

演劇経験者でなおかつCDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)※の有資格者の中で、本プログラムのファシリテーターと認定された者が担当いたします。この認定は、組織内の複雑な関係性・相互作用をマネージ&ファシリテートできる9つのスキルを基準に審査しています。

※CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)は、日本国内でキャリアカウンセリングを行う実務家のための認定資格。厚生労働省のキャリア形成促進助成金指定試験にも指定されています。

鈴木写真
ファシリテーター代表

鈴木あきら

株式会社オフィス・サンタ 代表取締役社長/キャリアカウンセラー(CDA)/CDA向上研修講師

1975年に演劇センター附属青山杉作記念俳優養成所を卒業後、劇団を結成。以後、座長として16本の作品を作/演出/出演で上演。1986年に劇団解散後、フリーランスのライター、編集者を経て1988年に株式会社文化放送ブレーンに入社。文化放送ブレーンでは就職情報誌の企画・編集のほか、12万人の学生を相手にメールマガジンで就職コンサルティングを行う。1998年に独立し、株式会社オフィス・サンタを設立。現在は、過去の経験と実績を生かし、劇作家の平田オリザ氏とオリジナルの教育研修用ワークショップ開発に取り組んでいる。

ロールプレイヤー

ドラマメトリクスのプロフェッショナル・ロールプレイでは、シナリオをリアルに演じられるかどうかの信憑性を重要視するため、プロとしての演技力のみならず、ビジネス界での経験も十分にある俳優を起用しています。また、激変する多様な現代社会を投影する、幅広い年齢・背景を兼ね備えた俳優陣が待機しています。

ロールプレイヤーには、「青年団」や「文学座」などに所属する俳優を中心に、課題に合わせて配役しています。

近藤写真
PRPプレイヤー代表

近藤 強

俳優/ロールプレイヤー/PRPコーディネーター

三重大学人文学部卒業後、1994年に渡米し、ニューヨークの演劇学校を卒業後2007年までニューヨークを拠点に俳優として活動。俳優業の傍ら、2003年より米国コンサルティング会社にて俳優を使った参加型ダイバーシティ研修を、大手証券会社や有名ビジネススクールなどで数多く実施。2007年に帰国後、平田オリザ率いる劇団青年団に入団。プロフェッショナル・ロールプレイのコーディネーター兼ロールプレイヤーとして株式会社オフィス・サンタに参画し、PRPを用いた企業研修を多数実施。

斉藤写真
PRPプレイヤー

斉藤美音子

振付家/ダンサー

3歳よりクラシックバレエを始め、1993年からニューヨークとロンドンでダンスを学ぶ。帰国後1996年より、ダンスカンパニーイデビアン・クルーに参加。その中心メンバーとして、国内外ツアーすべての公演に出演。2006〜2007年にかけて、フランス国立オルレアン振付センター・ディレクターである振付家ジョセフ・ナジに見いだされ、日仏共同制作公演「遊*ASOBU」に出演。一方で、自らも振付家として精力的に自身の作品を発表。東京事変、椎名林檎、ASA-CHANG&巡礼をはじめ、さまざまなミュージシャンのPV・コンサートなどへの出演、振付も手掛けている。